日本で唯一の有人飛行船「スヌーピーJ号」。一時故障のために空から姿を消し、多くのファンをさびしがらせたが、この4月に無事カムバックした。ひとまず北海道をまったり巡回中。翼を休める係留地はとてものどかで、キツネも遊びにくるほどだ。

もしかして、乗りたいの?
もしかして、乗りたいの?

スヌーピーJ号は、メットライフ生命保険の運行する硬式飛行船。大きなスヌーピーの絵が描かれた船体は全長 39m、総重量 2t で、地上 300m の高さまで上がり、時速 85km 以上で移動できる。

世界には現役の有人飛行船が20台ぐらいあるけど、日本では今これ1台だけ
世界には現役の有人飛行船が20台ぐらいあるけど、日本では今これ1台だけ

日本でたった1台なので、空を眺めていても生で見かける機会は少ないが、以前から Twitter では公式アカウントが活発にフライトスケジュールや日々の写真を投稿して楽しませてくれている。

ただ2014年末には点検中に不具合が見つかり、生まれ故郷の米国で修理をしなければならない事態にもなった。多くのファンが心配し、さびしがったが、2015年4月には無事復活。当面は札幌や小樽のあたりをのんびり飛んでいる。

そんな北海道の係留地で撮影されたのが先程の1コマ。スヌーピー J 号の Twitter 公式アカウントではこわいもの知らずの訪問者を「小さなお客さまが遊びに来ました」と歓迎。「人見知りもせずに、クルートラックまで近づいてきたキタキツネを見ると、北海道も暖かくなったんだなぁと感じます」とコメントを添えている。

まだちょっと眠そう
まだちょっと眠そう

 
北国の初夏の、おだやかな雰囲気がよくなじむ飛行船。でも、そのうち南の方にも元気な姿を見せてほしいものである。