ヤマハとヤマハ発動機は7月3日から5日まで、六本木ヒルズで「Two Yamahas, One Passion〜デザイン展 2015〜」を開催する。このデザイン展では、今年3月にフランスで開催された「第9回サンテティエンヌ国際デザインビエンナーレ2015」に共同出展された「project AH A MAY(プロジェクト アーメイ)」が展示される。

「プロジェクト アーメイ」が展示される「Two Yamahas, One Passion〜デザイン展 2015〜」開催
「プロジェクト アーメイ」が展示される「Two Yamahas, One Passion〜デザイン展 2015〜」開催

「プロジェクト アーメイ」は、楽器をデザインするヤマハと、バイクなどをデザインするヤマハ発動機のデザイン部門が、互いのフィールドを交換するプロジェクト。楽器デザイナーによるバイクや自転車などが提案されており、自由な発想のデザインが楽しめる。

デザイン展では、その「プロジェクト アーメイ」作品の中から、楽器デザイナーが提案した「ルート」が日本初公開される。「ルート」は、バイクライダーの目前から計器類を排除。「目の前に広がるのは風景だけ」というデザインを実現している。

ライダーの目前から計器類を排除した「ルート」
ライダーの目前から計器類を排除した「ルート」

また、電動アシスト自転車「ゼロプラスマイナスゼロ」も日本初公開される。この自転車は専用の充電スタンドに設置して、ペダルを漕いでバッテリーを充電。その電力で楽器を楽しむなど、電気とポジティブに向き合うライフスタイルを提案している。

電動アシスト自転車「ゼロプラスマイナスゼロ」
電動アシスト自転車「ゼロプラスマイナスゼロ」

ヤマハの電動アシスト自転車の“性能”は、海外のものより素晴らしい。例えば、数か月間屋外で放置しておいたとしても、わずかなメンテで再び走行可能になる。だが、ヤマハから市販されている電動アシスト自転車のデザインは、欧州のものなどと比較して保守的過ぎると感じることも多い。

「ゼロプラスマイナスゼロ」のデザインは、海外の電動アシスト自転車にも負けないもの。是非製品化して欲しい一台だ。

バッテリーさえもおしゃれに処理している  素晴らしい!
バッテリーさえもおしゃれに処理している
素晴らしい!

バイクデザイナーのデザインした楽器としては、ドラムス「RAIJIN」が日本初公開される。「RAIJIN」は、ドラム楽器の中で暴れまわるように演奏できる球体。演奏者から噴出するエネルギーを視覚的に表現している。

ドラム楽器の中で暴れまわるように演奏できる球体ドラム「RAIJIN」
ドラム楽器の中で暴れまわるように演奏できる球体ドラム「RAIJIN」

円形のマリンバ「FUJIN」も日本初公開。これは、バイクでの二人乗りにインスピレーションを得た楽器。二名の奏者のスイングやギャップが生む偶発性を活かした演奏が楽しめる。

バイクでの二人乗りにインスピレーションを得たマリンバ「FUJIN」
バイクでの二人乗りにインスピレーションを得たマリンバ「FUJIN」

デザイン展では「プロジェクト アーメイ」作品以外にも、デザインフィロソフィー「Refined Dynamism(洗練された躍動美)」に基づいたデザインコンセプトモデルバイク「01GEN」「03GEN」も日本初公開となる。

マルチホイールバイク「01GEN」
マルチホイールバイク「01GEN」

■「Two Yamahas, One Passion 〜デザイン展 2015〜」概要
◆会期:2015年7月3日から5日
◆時間:11時から18時
◆会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ
入場は無料