Lotus(ロータス)がスーパーカーをうたう「Evora(エヴォーラ)400」の予約受注が7月24日に始まる。



2015年のジュネーブモーターショーで初披露となったエヴォーラ400は、3.5L V6スーパーチャージャーエンジンを搭載。最高出力400PS、最大トルク410Nmを発揮し、最高速度は300km/h、0-100km加速は4.2秒としている。英国ノーフォーク州はへセルのテストコースで、従来のエヴォーラより6秒速い記録を出している。


また22kg軽くなっている。巧みで念入りな設計と細部への配慮によるものとしている。エヴォーラ400の日本向け生産は10月に始まり、11月に発表する予定。デリバリーは、2016年春を予定している。

希望小売価格はMT車が1,355万4,000円(税込、以下同じ)、AT車が1,406万1,600円。