Citroen(シトロエン)の5ドアハッチバック「C4」が新パワートレインを搭載し、フェイスリフトを行った。9月11日に発売予定だ。

C4は2011年にフルモデルチェンジ。今回はインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2015を受賞した「PureTech(ピュアテック) 1.2Lターボエンジン」と、新型6速オートマチックトランスミッション「EAT6」を搭載した。



最高出力は96kw/5,500rpm、最大トルクは230Nm/1,750rpm。このクラスに最適な動力性能と高い燃費効率、環境性能を備えたとする。スタート&ストップ機能も加わり、従来モデルに比べ燃費効率を約20%改善したという。JC08モードでの燃費は16.3km/L。

エクステリアは、ヘッドライトとリアコンビネーションランプのデザインと機能を一新。LEDを内蔵したヘッドライトはシャープで精悍なデザインを採用し、リアランプは3Dの視覚効果を持つ独特のデザインとした。



C4にはエントリーグレードの「C4 Seduction(セダクション)」と、パノラミックガラスルーフなどの装備を充実させた主力グレード「C4 Seduction Upgrade Package(アップグレードパッケージ)」の2種類がある。前者は276万円(税込、以下同じ)、後者は296万円。