イタリアのスクーターブランド ピアッジオが、電動アシスト自転車「Wi-Bike」を発表。スマートフォン接続機能や盗難防止機能などいまどきの電動アシストに標準的な機能と、イタリア独自のデザインを合わせ持っている。

 ピアッジオによる電動アシスト自転車「Wi-Bike」
ピアッジオによる電動アシスト自転車「Wi-Bike」

スマートフォン接続機能では、専用アプリを使用して、アシストレベルを10段階で調整可能。バッテリー消費を最適化できる。また、ライディングモードを「標準」「街中」「坂」の3段階で選択可能だ。「街中」は、信号によるストップアンドゴーが多い状況に特化。軽い漕ぎだしを実現する。「坂」では、傾斜によりアシストレベルを自動調整。例えば、上り坂から下り坂に傾斜が変化した場合、アシストを自動停止する。

専用アプリを使用して、アシスト機能をコントロール可能
専用アプリを使用して、アシスト機能をコントロール可能

スマートフォン無しでも、付属ディスプレイで様々な情報を表示できる
スマートフォン無しでも、付属ディスプレイで様々な情報を表示できる

盗難防止機能では、内蔵されたGPS/GSMシステムを活用。誰かが自転車を盗もうとした場合、スマートフォンにアラートが表示される仕組みとしている。残念だが、GSMとはいわゆる2G規格で日本では使用されていないため、盗難防止機能は使用できないと考えられる。

GPS/GSMシステムを活用した盗難防止機能を搭載
GPS/GSMシステムを活用した盗難防止機能を搭載

1回の充電に必要な時間は3.5時間。満充電すると、Ecoモードで120キロ走行できるという。

Ecoモードでは、120キロの走行が可能
Ecoモードでは、120キロの走行が可能

このように、「Wi-Bike」の機能やスペックには、特筆すべきものは何もない。やはり、その最大の売りはイタリア独自のデザインということになるだろう。ピアッジオは「Wi-Bike」を、スタイリッシュな“装飾品”であり、乗る人を満足させられる一台だと表現している。

「Wi-Bike」には、「COMFORT」と「ACTIVE」の2つのバージョンが存在する。「COMFORT」には「UNISEX」「PLUS」「PLUS UNISEX」が、「ACTIVE」には標準モデルの他「PLUS」モデルが用意されている。

「COMFORT」バージョンの中心的モデル「PLUS」は、レトロデザインとユニークなスタイルが特徴。クローム仕上げのボディ、エルゴノミックデザインのハンドルバー、レザー製のサドルは、快適性とエレガントなデザインを両立させている。

レトロデザインとユニークなスタイルが特徴の「COMFORT PLUS」  ボディはクローム仕上げ
レトロデザインとユニークなスタイルが特徴の「COMFORT PLUS」
ボディはクローム仕上げ

エルゴノミックデザインのハンドルバーや
エルゴノミックデザインのハンドルバーや

レザー製のサドルは、快適性とエレガントなデザインを両立させている
レザー製のサドルは、快適性とエレガントなデザインを両立させている

クリームカラーのホイールは、グロッシーブラックのフレームとベストマッチ。使いこむほど味がでるデザインを目指したそうだ。豊富なアクセサリーも用意されている。

アクセサリー装着例
アクセサリー装着例

「ACTIVE」は、より実用性を追求したバージョン。通勤、トレーニングなど、様々な目的で利用できる。

より実用性を追求した「ACTIVE」(画像はACTIVE PLUS)
より実用性を追求した「ACTIVE」(画像はACTIVE PLUS)

カラーリングでは、フレームには現代&近未来的なオパークメタリックを、ホイールにはぱっと目を引く鮮やかなレッドを採用。街中でひときわ存在感を放つ組み合わせとした。

フレームにはオパークメタリック、ホイールにはレッドを採用
フレームにはオパークメタリック、ホイールにはレッドを採用

カラーバリエーションとしてはその他、都会のジャングルをイメージしたアーミーグリーンも用意されている。

バッテリーケースなど、細かいところまで塗装されているのがうれしい
バッテリーケースなど、細かいところまで塗装されているのがうれしい

上述の通り、「Wi-Bike」にはピアッジオならではの最新機能などは搭載されてはいない。だが、イタリアンデザインが好きな人、そしてピアッジオのスクーターや三輪バイクが好きな人には、ぴったりな一台となるかもしれない。