メルセデス・ベンツは、新型Cクラスクーペ発売した。新型クーペは、アルミニウムハイブリッドボディを2ドアクーペ用に専用設計したCクラスの新しいモデル。

| デザイン


車高は、セダンより25mm低く、ホイールには、18インチおよび19インチのホイールを採用。サイドミラーは、Aピラーではなく、ドアに備えられる。また、全体のデザインディテールには、AMGラインを採用した。

ボディサイズは、先代よりホイールベースを80mm、全長を65mm、全幅を30mm拡大。

ボディ細部にわたる空力最適化により、Cd値0.26(先代Cクラスクーペ:0.27)を実現。空気抵抗を抑えることで、風切り音を減少させるとともに燃費を高めた。

ダッシュボードとシートの素材にはレザーARTICOを採用。また、スポーツシートは、新型クーペ専用に設計された。

| パワートレイン


パワートレインは、最高出力156PS/115kW、最大トルク250Nmを発揮する1.6リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンに、7速AT「7G-TRONIC PLUS(セブンジー-トロニック プラス)」を組み合わせた。

| シャーシ


サスペンションのフロントには4リンク式、リアにはマルチリンクサスペンションを進化させた5本のリンクによる独立懸架式を採用。走行状況に応じてダンパー内のオイル流量を変化させ、減衰力を調整するセレクティブダンピングシステムを備え、通常走行時には快適な乗り心地を提供し、ハードな走行時には最大限の減衰力を発揮する。

5つの走行モードをセッティング可能な「ダイナミックセレクト」を標準装備。選んだモードに応じて、スロットルレスポンスと7G-TRONIC PLUSのシフトスケジュールやステアリング特性などが変化し、快適性や燃費を優先する走りから素早いレスポンスでスポーティなドライビングまで楽しむことができる。


| セーフティ


センサーシステムを構成するフロントウインドウ内側のステレオマルチパーパスカメラは、最大500mの広範囲をモニターするほか、2つのカメラで車両前方約50mの範囲を立体的に捉える。レーダーセンサーは、フロントおよびリアバンパーに内蔵された25GHzの短距離レーダー計4個、ラジエーターグリル奥の77GHzの中・長距離レーダー1個、リアバンパー中央の25GHzマルチモードレーダー1個の合計6個が搭載される。

これらのカメラとレーダーから得られたデータをコントロールユニットで融合させ、安全運転支援システムに対応するデータを作成。このデータをアルゴリズムで解析することにより、先行車両、横断車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し、その位置を特定。これにより状況を判断して、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストする。

また、ヘッドライトとリアコンビネーションランプの全てにLEDを使用する「LEDハイパフォーマンスヘッドライト&LEDリアコンビネーションランプ」により視認性を確保する。


| ユーティリティ


自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」を標準装備。トランクスペースは、通常時で400リッター(VDA方式)を確保。後席分割可倒式機構(40:20:40)によって、バックレストを前方に倒すことができる。

メーカー希望小売価格は、C 180 Coupe Sportsが5,470,000円、C 180 Coupe Sports+が5,850,000円(いずれも消費税込)。