マクラーレン・オートモーティブは、アジア市場に向けた初のテーラーメイドモデル「McLaren 625C」を発表した。これは、都市部に住むスポーツカーファンに向けたモデル。従来のマクラーレンの魅力である「華々しいスタイル」や「ハイパフォーマンス」に加え、「快適な乗り心地」を追求している。


「625C」という名称は、搭載しているマクラーレン製3.8リッター V8 ツインターボ・エンジンが発生する625PS の出力に由来している。このハイパワーなエンジンと、7速デュアルクラッチ式 SSG トランスミッションを組み合わせた625C は、0-100km/h 加速がわずか3.1秒という、驚異の加速力を実現している。

一方、「625C」末尾の「C」は「Club(クラブ)」に由来。日常づかいでの利便性と快適性を重視していることを意味している。都市生活者のために特別に仕立てられた「625C」のリアサスペンションはスプリングレートが下げられており、プロアクティブ・シャシー・コントロール(PCC)で「ノーマル・モード」を選択した場合、サスペンションは「快適な乗り心地」のために最適化される。

「625C」は、クーペとスパイダーの2タイプのモデルを発売予定。クーペは固定ルーフとガラス製のエンジンカバーを備えている。一方、スパイダーは17秒に満たない時間でルーフ開閉可能な2ピース型リトラクタブル・ハード・トップ(RHT)を搭載。ルーフ開放時にもキャビンを快適に保つシステムとして、外部のノイズを考慮したオーディオ音量調整機能と、外気温に応じて室温を調整するクライメートコントロールを650S スパイダーから受け継いだ。


マクラーレン・オートモーティブ・アジアリージョナル・ディレクターのミルコ・ボルディガ氏は、「625C」について次のように述べている。

「日常使いのアウトスタンディングな操作性を、スリリングなパフォーマンスに加味できることを証明した新しい McLaren 625C は、比類なきパッションのもとに生まれたマクラーレンの DNA を受け継ぐモデルだ」