鉄道に関する職場で働く女性をモチーフにした「鉄道むすめ」シリーズの車内ラッピングを施した列車が、東武鉄道で1月17日から3月29日まで運行される。3月末まで実施中の「鉄道むすめ10周年記念スタンプラリー in 東武鉄道」に合わせたものだ。

鉄道むすめの車内ラッピングが登場
鉄道むすめの車内ラッピングが登場

記念撮影もできる
記念撮影もできる

鉄道むすめは、鉄道模型のトミーテックが立ち上げたキャラクタとそのフィギュア、グッズなどのシリーズ。それぞれの鉄道関連の職場の制服をまとっているのが特徴。東武鉄道ではその誕生10周年を記念し、総勢8人の同社グループ所属キャラクタのスタンプラリーを実施している。

今回はそれに合わせ、休日に運行している展望車両634型「スカイツリートレイン」3、4号車の車内に、東武系鉄道むすめ全8人の車内ラッピングを施す。

スカイツリートレインが対象
スカイツリートレインが対象

具体的には「鬼怒川みやび」「春日部しあ」「渡瀬きぬ」「栗橋あかな」「姫宮なな」「栗橋みなみ」「川越あさか」「壬生えみこ」だ。

鉄道むすめのうち姫宮ななと鬼怒川みやびは等身大サイズとなっており、一緒に記念撮影なども楽しめる。東武鉄道の本気を感じる内容となっている。

これに加え、運行期間中に乗車した人は誰でも「東武鉄道鉄道むすめ×スカイツリートレイン記念乗車証」がもらえる。

なお、ラッピング列車の運行開始日である1月17日には、大宮駅で駅長や「鉄道むすめ」に扮したミス栗橋、ミス鬼怒川などが登場する出発イベントも開催予定。