子どもがさまざまな職業・社会体験をできるテーマパーク「キッザニア東京」で、オートバックスセブンが出展するパビリオン(体験コーナー)が3月3日にリニューアルオープンされる。自動車整備士の仕事を体験できる「カーライフサポートセンター」がぴかぴかに生まれ変わる。

クルマの修理、整備を体験
クルマの修理、整備を体験

オートバックスが出展するカーライフサポートセンターは、キッザニア東京がオープンした2006年からあるパビリオンだ。今回は設備を一新し、レイアウトを見直すことで、子どもがクルマに触れるようすを、保護者がより近くで見られるようになる。

オープン時から出展していたパビリオンをリニューアル
オープン時から出展していたパビリオンをリニューアル

パビリオンの中では三菱自動車の軽自動車「eK カスタム」を使って点検や整備作業などを体験する。「大きくなったらクルマを運転してみたい」「自分で修理してみたい」といった夢を子どもに抱いてもらうのが目的だ。体験の所要時間は30分。3歳~15歳までの幅広い年齢が対象となっている。

キッザニア東京といえば、4月下旬には東京メトロが「地下鉄」パビリオンの出展も予定している。乗り物はやはり子どもに人気で、すでに航空機からバスなど多彩なパビリオンが登場している。

地下鉄のパビリオンや
地下鉄のパビリオンや

航空機のパビリオンも
航空機のパビリオンも