本田技研工業(ホンダ)の「シビック TYPE R」の欧州向け新モデルが登場した。ジュネーブ国際モーターショーで披露となったもの。


レーシングカーのような高い走行性能を発揮するモデルとして開発したという。エクステリアデザインは、ダウンフォースを高めながら空気抵抗を減らすエアロダイナミクス性能を追求した。


走行性能と環境性能を高次元で両立させる新世代パワートレイン技術群「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の1つ「2.0L VTEC TURBO エンジン」を初採用。最高出力 310PS、最大トルク 400Nm を達成した。

また 6速 MT との組み合わせにより、0-100km/hの加速は5.7秒、最高速度は270km/h と、FF ハッチバックにおいて際立った走行性能を発揮できるという。


また、19インチの大径アルミホイール&タイヤ、ブレンボ社製ブレーキキャリパー&350mm 径ブレーキディスクローターなど高い動力性能を生み出す装備を採用している。