マツダは新型「ロードスター」のチーフデザイナーらによる直筆サイン色紙が当たる懸賞企画を実施中だ。6月21日までに、公式ブログ記載のメールアドレスあてに申し込みをすると、抽選で1人が受け取れる。


マツダは新型ロードスターについて、単なるモデルチェンジではなく、メーカーとしてこうありたいと考えるオープンライトウェイトスポーツカーの姿を描き切ったとしている。「見るだけで心が躍り、座るだけで笑みがこぼれ、いますぐオープンエアにして走り出したくなる」クルマに仕上げたという。

今回は、そうした思想をもとに作られたロードスターをはじめ、マツダの新世代車種を支持するファンへの感謝の念として、サイン色紙を用意したという。アクセラ、デミオ、CX-3、ロードスター、アテンザ、CX-5 がそろい踏みした写真に、主査とチーフデザイナー12人が名前を書き入れている。

なおマツダは、色紙の懸賞企画とともに、新型ロードスターのデザイン誕生から開発の経緯について、チーフデザイナーである中山雅氏が自ら編集した動画も紹介している。車両だけでなくデザイン画なども豊富に映し出している。