トヨタ ランドクルーザープラドがマイナーチェンジを受け、6月17日に販売開始された。新開発の2.8L クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」が国内で初めて搭載されている。


ランクルにはガソリンエンジンよりも、低回転でトルクを得られるディーゼルエンジンの方があっていると考える人は多いだろう。実際、トヨタが2007年にディーゼルエンジン仕様の販売を国内で中止してからは、ディーゼル復活を求める顧客からの声は多かったそうだ。

今回の一部改良では、新開発された2.8L クリーンディーゼルエンジンを搭載。このエンジンは次世代高断熱ディーゼル燃焼や、コンパクトなターボチャージャーを併用することで、低回転でも高トルクを発揮できる動力性能を獲得している。最大トルクは450N・m/1,600~2,400rpm。旧型ランクルプラドに搭載されていた V6 4.0L ガソリンエンジンの最大トルク 380N・m/4,400rpm と比較すれば、そのトルクの太さがわかるだろう。なお、今回の一部改良で、V6 4.0L ガソリンエンジンは廃止された。

新開発クリーンディーゼルエンジン 「1GD-FTV」
新開発クリーンディーゼルエンジン 「1GD-FTV」

新型クリーンディーゼルエンジンは、低燃費・低排出ガスも実現。JC08モード走行燃費11.8km/L を達成している。さらに、新開発の尿素 SCR システムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減。排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応したクリーンディーゼル車として「エコカー減税」の対象となるほか、「CEV補助金」制度を利用した場合、最大約24万円が給付されるという。

新型クリーンディーゼルエンジンシステム図
新型クリーンディーゼルエンジンシステム図

2.7L ガソリン車では、トランスミッションを従来の4速から6速 AT に多段化するとともに、エンジンを改良し燃費を向上させた。

トランスミッションは従来の4速から6速 AT に
トランスミッションは従来の4速から6速 AT に

その他、LED ヘッドランプをディーゼル車(TZ-G、TX“Lパッケージ”)に標準装備するとともに、外板色には新色のレッドマイカメタリックを含む全10色を設定した。

新色のレッドマイカメタリック
新色のレッドマイカメタリック

なお、デザインについては、今回の一部改良では変更はないという。