ファミリーマートで買えるペットボトルの緑茶、麦茶に人気の高い列車のデザインをパッケージにあしらった「鉄道コレクション」が登場した。6月30日から全国で買える。数量限定。かなりマニアックな内容だ。

緑茶と麦茶
緑茶と麦茶

ファミリーマートはコンビニエンスストアの中でも鉄道の駅などに店を出すことに熱心。すでに約470店舗を展開している。今回はそうした鉄道会社のうち9社と一緒に鉄道デザインの飲料を作った。

「FamilyMart collection 緑茶」「FamilyMart collection 麦茶」の2種類で、いずれも 500ml、100円(税込)というプライベートブランド(PB)らしい値段。

肝心のデザインはというと、まず緑茶は京成電鉄AE形スカイライナー、大阪市営地下鉄30000系、神戸市営地下鉄3000形の3種類。

麦茶は東武鉄道100系スペーシア、名古屋鉄道1200系パノラマsuper、西武鉄道新2000系、相模鉄道11000系、JR九州新幹線新800系、近畿日本鉄道50000系観光特急しまかぜ。

もちろん各社を代表するような人気の列車ではあるが、やはり鉄道ファンならではの選択を感じるラインアップだ。いずれも売り切れ次第終了とのこと。