Peugeot(プジョー)のスポーツクーペ「RCZ R」に、最終モデルとして「RCZ R Final Version」が登場した。30台限定で販売する。

モータースポーツ部門「PEUGEOT SPORT(プジョースポール)」がサスペンションなどをチューンアップしている。車高を10mm低く、車重を10kg軽くし、380mm大径フロントブレーキディスクやフロント4ポッド・レッドブレーキキャリパーを搭載。足回りでは高性能タイヤに19インチアロイホイールを装着した。

1.6Lの4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力は270PS/6,000rpm、最大トルクはトルク330Nm/1,900rpmとなっている。シリンダーブロックに耐久性を高めるため特殊な熱加工を施し、ピストンヘッドはF1競技車と同水準のアルミ素材を採用している。ターボチャージャーを大型化し、エキゾーストマニフォールドとハウジングを一体化し高温を保つことで吸気効率の高めている。CO2排出量を7%低減し、EURO 6の排出ガス規制に適応している。トランスミッションは6速MT。

トルセンLSDにより高い安定性とコーナーリング性能を誇る。固定式の大型リアスポイラーやサウンドチューニングを施したツインエキゾーストパイプも付いている。

エクステリアでは新たにカーボンルーフを採用し、フロントとリアに「R」エンブレムを配し、特徴あるアーチをマットブラックに仕上げた。


インテリアでは、ナッパレザーとアルカンタラを組み合わせた新設計のバケットシートを採用、細部に赤いステッチをあしらってアクセントを加えた。



希望小売価格は550万8,000円(税込)。