エクスペディアは、米国成人1,000人に対し飛行機内でのマナーに関する調査を実施、飛行機内で迷惑に思われる客のワースト10を発表した。

同アンケートでは、飛行機内で最も迷惑だと思われる客は、「子供の面倒を見ない親」(41%)であることがわかった。米国人旅行者の63%が子供と一緒に旅をしている親のマナーに不快を覚えると回答し、その中の49%が「追加料金を払ってでも静かな席を予約したい」と思っている事が明らかになった。ただし調査対象者のうち、18歳以下の子どもを持つ人はそうでない人よりも「子どもの面倒を見ない親」に寛容だったという。


2位以下は、「後ろからシートを蹴る客」(38%)、3位「香水臭い客」(28%)、4位「酒を飲みまくる客」(26%)、5位「大声で話す客」(23%)という結果になった。17位には「脱ぐ客」(9%)がランク入り。隣の座席の乗客が靴や靴下、洋服を脱ぐ事に抵抗を覚える人もいることがわかる結果となった。

調査は、過去5年間に飛行機の利用がある米国成人1,000名を対象に、2013年11月に実施された。