ホンダは、「第30回 大阪モーターサイクルショー2014」の会場で発表し、大友克洋氏によるコミック作品『Akira』に登場する「金田バイク」のようだと評されたコンセプトモデル「NM4」2タイプのうち、「NM4-01」を4月21日発売する。


「NM4-01」は、アニメやコミックに影響を受けた、ホンダの20~30歳の若手チームが設計を担当した新世代のバイク。「近未来」と「COOL」を開発のテーマに設定し、これまでのモーターサイクルとは一線を画した独自のスタイリングを実現。新感覚のライディングフィールを追求している。

ホンダの新型バイク「NM4-01」
ホンダの新型バイク「NM4-01」

参考画像:コミック作品『AKIRA』に登場する金田バイク
参考画像:コミック作品『AKIRA』に登場する金田バイク

スタイリングでは、既存のモーターサイクルの枠に捉われない、全く新しいデザインにチャレンジしている。スタイリングのテーマを、「フロントマッシブスタイリング」と「コックピットポジション」に設定。フロントデザインは、大胆な面構成と塊感を表現し、フェアリングにビルトインしたミラーや LED ヘッドライトの採用によって、特徴的なフロントフェイスを実現した。


リアデザインは、テールカウルを絞り込むことでフロントマッシブスタイリングを強調させるとともに、200mm 幅のワイドタイヤを装着することによって、迫力のある独特のリアビューとしている。


メーターには、ホンダ二輪車としては初採用となる、DCT の走行モードと連動した可変色メーターを採用。ニュートラル、D モード、S モード、MT モードそれぞれに応じ、メーターのバックライトと発光リングの色が変化し、操る感覚を演出する。バックライトとリング色は、ユーザーの好みに応じて、25色の中から選択可能だ。

個性的なスタイリングと安定感のある素直なハンドリングの共存を実現するため、プラットフォームは新開発された。エンジンには、低・中回転域で力強いトルク特性の水冷・4ストローク・直列2気筒745cc を搭載している。

メーカー希望小売価格は99万9,000円。