日本航空(JAL)の国際線欧米路線(一部をのぞく)で、熊本県と共同開発した機内食「AIR くまモン」が、6月1日から提供される。人気機内食『AIR シリーズ』第13弾。両社のコラボは、昨年の6月~8月に続いて2回目となる。

JAL 機内食に「くまモン」が再登場
JAL 機内食に「くまモン」が再登場

今回の AIR くまモンは、熊本県の人気キャラクター「くまモン」が、パイロットの制服を着用したオリジナルパッケージデザインで提供される。

パイロット姿のくまモン
パイロット姿のくまモン

料理は、前回同様、熊本市の老舗中華料理店「紅蘭亭(こうらんてい)」の葉山料理長が監修。熊本県を代表する麺料理「太平燕(タイピーエン)」をメインに、熊本県の製菓メーカー「熊本菓房」の「カスタードケーキ」が添えられている。

太平燕は、別添えの揚げたまごを自分で入れて“できたて”を楽しめるよう工夫されているそう。残ったスープには、別皿で提供される焼きおにぎりを入れて、JAL オリジナルの味わいを楽しめるとのこと。

対象路線は、成田発ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ロサンゼルス、サンディエゴ、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ線と、羽田発ロンドン、パリ線。プレミアムエコノミーおよびエコノミークラスの、2食目で提供される。提供期間は8月31日まで。