Audi(アウディ)の5ドア小型車「Audi A1 Sportback」に、人気色「Samoa Orange(サモアオレンジ)」をまとったモデルが設定された。「Audi A1 Sportback color selection -“Samoa Orange”」として、110台限定で販売中だ。


Audi A1 Sportback は全長 4m 未満ながら、運動性能と環境性能を重視した車種。1.4L TFSI ガソリン直噴ターボエンジンと、7速 S トロニック デュアルクラッチトランスミッションを搭載する。またスタートストップシステム(アイドリングストップ機構)とエネルギー回生システムを採用し、燃費効率は JC08 モードで 17.8km/L としている。

今回の Samoa Orange は2011年の東京モーターショーで Audi A1 を初披露した際にイメージカラーとして採用していたもの。このカラーは既存のラインナップではクーペ「R8」のみに用意があり、A1 Sportback には設定していなかったが、その後の要望に応えて限定モデルとして導入が決まった。


インテリアにも Samoa Orange をあしらっている部分がある。具体的にはエアコン吹き出し口カラードスリーブ、ドアハンドルトリム、インテリアバックミラーパネル、センターコンソールパネルだ。


このほかの限定モデルの特徴としては「MMI 3G+ナビゲーションパッケージ」を標準装備している。ステアリングは右で、駆動方式はFF。希望小売価格は356万円(税込)。