ルノー カングー ラ・ポスト
ルノー カングー ラ・ポスト

Renault(ルノー)はフランスの郵便車と同じ黄色いボディカラーを採用した特別仕様車「カングー ラ・ポスト」を発表した。150台限定で販売している。

カングーは広い室内空間と機能性の高さが特徴。フランスでは郵便車として活躍している。郵便車は操作しやすいエアプレーンタイプのパーキングブレーキ、書類を収めるダッシュボードセンタートレイ、郵便配達に使用するバスケットをセットできる可倒式助手席といった装備が特徴だ。

フランスの郵便車のイメージ
フランスの郵便車のイメージ

今回、手紙や小包の形で人々の想いを届けるこうしたフランスの郵便車の雰囲気をまとう特別仕様車を、日本向けに設定した。ベースはルノー カングー ゼン。特別装備は以下の通りだ。

・専用ボディカラー
・専用シルバー&ブラックフロントバンパー
・ブラックリアバンパー
・シルバードアミラー
・プライバシーガラス
・フロントシートバックテーブル
・可倒式助手席

ルノー カングー ラ・ポストの内装
ルノー カングー ラ・ポストの内装

フロントシートバックテーブル(左)と可倒式助手席(右)
フロントシートバックテーブル(左)と可倒式助手席(右)

希望小売価格は241万5,000円(税込)。

またフランスの郵便車は「www.laposte.fr」のURLを記載しているが、ルノーはこれにちなみ「www.laposte.jp」のURLを持つ特設サイトを立ち上げ、商品情報のほか、郵便車とカングーの関わりなどを紹介している。