ボルボは、これまでで最強となる367馬力を発揮する「S60(セダン)/V60(ワゴン) ポールスター」を発表した。

新型S60/V60ポールスターは、新世代Drive-Eパワートレーンの4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速4.7秒、最高速度250km/h(リミッター作動)を実現した。

ポールスターは、S60/V60の標準車に対し、ターボの大型化、スーパーチャージャーの強化、コンロッドとカムシャフトの変更、エアインテークの大型化、燃料ポンプの大容量化といった変更を加え、エンジン性能を向上させ、ボルグワーナー社の4WDシステムとポールスター用に最適化されたギアトロニック付新型8速ATを組み合わせた。

車両重量は、昨年型に比べ、総重量で20kgの軽量化を実現。20インチのホイール、ポールスター用にチューニングされた電動パワーステアリング、371mmの新しいスロッテッドブレーキディスクを装備した。

日本市場への導入時期および仕様は未定となっている。