ホンダは「CBR400R」のカラーリングを変更するとともに、ABSを標準装備とし、4月20日に販売開始する。

ホンダ「CBR400R」、カラーリング変更&ABS標準装備

「CBR400R」は、「AGGRESSIVE SPEED SHAPE」をスタイリングコンセプトに持つスポーツモデル。「CBR1000RR」の血統を受け継ぐフルカウルデザインを採用している。

ホンダ「CBR400R」、カラーリング変更&ABS標準装備

今回の変更では、車体色は「グランプリレッド」「パールグレアホワイト」「グラファイトブラック」の3色を継続採用し、CBR400R独自イメージのストライプを施すことで、スポーティーさを強調したスタイリングとした。また、これまでタイプ設定だったABSが標準装備とされた。

ホンダ「CBR400R」、カラーリング変更&ABS標準装備

メーカー希望小売価格は78万3,000円(消費税込み)。

ホンダ「CBR400R」、カラーリング変更&ABS標準装備