ホンダは電気自動車「理念 VE-1」を2018年広州モーターショーで世界初公開した。中国専用に投入する初の量産EV。

ホンダ、コンパクトSUVをベースにした電気自動車「理念 VE-1」を世界初公開

「理念 VE-1」はホンダのコンパクトSUVプラットフォームがベース。これにEVユニットを高いパッケージング技術でレイアウトすることで、広い室内空間を創出した。

大容量バッテリーを床下に配置することによる低重心化や、サスペンションの最適化などにより、高い走行安定性を発揮。最大出力120kW、最大トルク280Nmを発生するパワートレーンにより、「SPORT EV」として意のままと感じられるようなドライビング性能を実現した。航続距離は340km(NEDCモード)を実現している。