電動アシスト自転車「qualisports」の先行予約販売が「Makuake(マクアケ)」で実施されている。

デスクの下に収納できる電動アシスト自転車「qualisports」
電動アシスト自転車「qualisports」、「Makuake」に登場

いまや欧米では当たり前になりつつある「電動アシストに見えない」電動アシスト自転車。だがこれを折り畳みで実現したのが「qualisports」の当たり前ではないところだ。

デスクの下に収納できる電動アシスト自転車「qualisports」
電動アシストに見えない“折り畳み”電動アシスト自転車

「電動アシストに見えない」電動アシスト自転車では、トップチューブかダウンチューブのどちらかにバッテリーを隠すのがセオリー。だが折り畳み自転車ではチューブに折り畳み機構が実装されてしまうため、バッテリーを隠す長さが十分に取れないのだ。

デスクの下に収納できる電動アシスト自転車「qualisports」
このわずかなスペースにバッテリーを隠すのは厳しい

「qualisports」では、シートピラー内部にバッテリーを収納することでこの問題を解決した。これにより、電動アシストに見えないルックスを獲得しただけでなく、充電がより簡単になった。自転車本体をオフィスや家の外の駐輪場におき、シートを取り外しての充電が可能だ。

デスクの下に収納できる電動アシスト自転車「qualisports」
バッテリーをシートピラーに
取り外して充電が可能に

折り畳み電動アシスト自転車には頑張ってフレーム内にバッテリーを組み込み、その結果バッテリーを取り外せなくなったモデルも。そのようなモデルでは充電時に、自転車をコンセント近くまで移動させなければならない。「qualisports」のシートピラー組み込みバッテリーの方が充電は楽だ。

折り畳むとキャリーケースのように運べるのも「qualisports」の特徴のひとつ。最近流行のスタイルだが、通勤で使う場合はオフィスビルの前で折り畳み、そこからオフィスの中まで転がして持ち込める。

デスクの下に収納できる電動アシスト自転車「qualisports」
後ろの女性が気になる…。

折り畳むと幅405x高さ670ミリとコンパクトに。クルマのトランクに入れて持ち運ぶのも容易だ。

デスクの下に収納できる電動アシスト自転車「qualisports」
クルマのトランクに収納しやすい

「qualisports」の入手方法や入手に必要な金額、配送時期などについて詳細は、Makuake Webサイト内のプロジェクトページ「世界で大ヒットを生み出した会社と作る機能性抜群スタイリッシュ折りたたみ電動自転車」を参照されたい。

デスクの下に収納できる電動アシスト自転車「qualisports」