ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月5日、2シータースポーツ「F - TYPE Coupe(F - タイプクーペ)」を発売した。


「F - TYPE Coupe」は、昨年11月に東京モーターショー、ロサンゼルスモーターショーで披露されたモデル。ジャガーが約50年ぶりに投入した「F - TYPE Convertible」に続くスポーツカーだ。


「F - TYPE」シリーズは、軽量なオールアルミボディーと、一目でジャガーとわかるエクステリアデザインを特徴としている。昨年発売された「F - TYPE Convertible」は「World Car Design of the Year」をはじめ、ドイツで最も権威のある「The Golden Steering Wheel」の「カブリオレ&クーペ部門賞」、BBC の自動車情報番組 Top Gear の「Convertible of the Year」など数多くの賞を受賞した。


日本市場におけるジャガー「F - TYPE Coupe」には、最高出力550 PS を発生させる5.0リッター V8 スーパーチャージド・エンジン搭載の最上級モデル「F - TYPE R Coupe」を筆頭に、3.0リッター V6 スーパーチャージド・エンジン搭載で最高出力380 PS の「F - TYPE S Coupe」と、最高出力340 PS の「F - TYPE Coupe」の3機種をラインアップする。

メーカー希望小売価格は、次の通り。

F - TYPE R Coupe:1,286万円
F - TYPE S Coupe:1,029万円
F - TYPE Coupe:823万円

日本市場での「F - TYPE Coupe」の発売に合わせ、グローバルで展開しているジャガーのブランド広告キャンペーン、「British Villains(英国の悪役)」をテーマとした「Good to be Bad」が、日本でも6月下旬から展開される。この広告キャンペーンには、英国の著名な俳優陣、サー・ベン・キングズレー氏、トム・ヒドルストン氏、マーク・ストロング氏が出演する。