アウディのコンパクト SUV「Audi Q3/RS Q3」の装備・仕様が一部変更され、5月21日に販売開始される。


Audi Q3は、全長4.400ミリのボディに、洗練されたデザインと、効率的かつパワフルなエンジンが凝縮されたコンパクト SUV。今回の装備・仕様変更では、2種類の2.0 TFSI エンジンの出力が向上された。従来の170ps エンジンは10ps アップの180ps に、211ps エンジンは9ps アップして220ps へと高性能化されている。一方で JC08モード燃費はそれぞれ15.0km/L、14.9km/Lと約18%の低燃費化を実現した。


エクステリアではオプションでフル LED ヘッドライトが装着可能となった(RS Q3では標準装備)。また前後バンパーやシングルフレームグリルなどのデザインを変更し、よりワイドでシャープかつ力強い印象としている。さらに新デザインのアルミホイールやボディカラーにも新色が追加された。


「Audi RS Q3」に搭載される2.5リッター5気筒ターボエンジンも従来の310ps から340ps に、最大トルクは420Nm から450Nm へと大幅に出力向上。0-100km/h 加速は4.8秒と従来より0.7秒も短縮している。同時に燃費は13.0km/L と約13%向上した。


その他、今回の変更では、スポーツシートやアウディドライブセレクトなどを備えた「Sport」モデルが設定されている。

価格はエントリーモデルの「Audi Q3 1.4 TFSI」が379万円から。その他のモデルについて詳細は、アウディの Web サイトを参照されたい。