フォルクスワーゲン「The Beetle(ザ・ビートル)」のエントリーグレードとして、「The Beetle Base (ザ・ビートル・ベース)」が新たに設定され、7月7日販売開始される。他のモデルについても一部装備の見直しと、価格改定が実施される。

ザ・ビートルのエントリーグレード「The Beetle Base (ザ・ビートル・ベース)」
ザ・ビートルのエントリーグレード「The Beetle Base (ザ・ビートル・ベース)」

今回新たに設定された「The Beetle Base」は、初代「ビートル スタンダード」を彷彿とさせるモデル。シンプルでありながらも、必要十分な走行性能と装備を提供する一台だ。価格は2011年の「The Beetle」の導入以降もっとも低価格となる229万9,000円。より幅広い層にアピールできる設定としている。ボディカラーは「トルネードレッド」「ピュアホワイト」「ディープブラックパールエフェクト」「リフレックスシルバーメタリック」の4色展開。発売日は、初代「ビートル」が誕生した1938年から数えて今年が77年目にあたることから7月7日となった。

「The Beetle Base」メインインパネ
「The Beetle Base」メインインパネ

装備の見直しが実施されたのは「The Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)」と、「The Beetle Turbo(ザ・ビートル・ターボ)」。このうち、「The Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)」では、従来モデルに対し「レインセンサー」「オートライトシステム」「スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”」が新たに装着された。価格は従来よりも4万9,000円下げて260万円となっている。

装備の見直しが実施された「The Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)」
装備の見直しが実施された「The Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)」

「レインセンサー」「オートライトシステム」などが装着されている
「レインセンサー」「オートライトシステム」などが装着されている

「The Beetle Turbo(ザ・ビートル・ターボ)」では、従来標準装備されていたナビゲーションシステムがオプション化され、逆にこれまでオプション設定だった「Coolsterパッケージ」が標準装備とされた。価格は26万6,000円下げ、334万9,000円という魅力的な設定となっている。

■「The Beetle Base(ザ・ビートル・ベース)」概要
◆専用装備

・サイドスカート<ブラック>
・アウタードアハンドル<ブラック>
・スタンダードシート(運転席/助手席)
・インストゥルメントパネル<ブラック>
・ステアリングホイールトリム<ブラック>
・ドアトリム<ブラック>
・6.5Jx16スチールホイール(フルホイールキャップ付)
価格は229万9,000円(消費税込み)。

■「The Beetle Design(ザ・ビートル・デザイン)」装備変更概要
◆新規標準装備

・レインセンサー、オートライトシステム
・スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”
新価格は260万円(消費税込み)。

■「The Beetle Turbo(ザ・ビートル・ターボ)」装備変更概要
◆新規標準装備:従来オプションだった“Coolster パッケージ”を標準装備

・ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UV カット機能付)
・3連メーター
・カミングホーム&リービングホーム、レインセンサー、オートライトシステム
・バイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)
新価格は334万9,000円(消費税込み)。