マセラティ仙台 最新CIを反映した東北エリア初のショールーム

マセラティ仙台が、7月31日に宮城県仙台市にオープンする。

マセラティ仙台は、マセラティ ジャパンの全国24番目となる販売・アフターセールス拠点で、最新CIを反映した東北エリア初のショールームとなる。

仙台市北部の東北自動車道泉IC仙台方面出口からほど近くに位置し、敷地面積は約2007平米(607坪)。ショールーム、サービス工場設備、検査設備を備え、車両5台が常時展示可能となっている。

ショールームデザインは、最新のマセラティCIを全て導入した。洗練された白とブルーを基調とし、大きなガラス張りのスペースが、明るい開放感とくつろぎを演出する。

インテリアレザー、ウッドパネルなどの多彩なパーソナリゼーションアイテムを展示した「コンフィギュレーションエリア」を設置。豊富なマーチャンダイジングのエリアは、ウエア、バッグ、小物などの最新のラインアップが展示される。

グランドオープニングフェアは、7月31日に実施され、7月31日~8月8日は「レヴァンテ ディーラーロードショー」が併せて開催される。