日本航空(JAL)は、訪日する旅行者を対象として、同社の各地域向けポータルサイトで東日本電信電話(NTT 東日本)の公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービス「NTT East Free Wi-Fi Japan」を無料で14日間使える ID/パスワードを発行する。主に観光を目的とする旅行者の利便性を高めることが狙い。準備が整い次第、6月下旬より提供を開始する予定。

NTT East Free Wi-Fi Japan が利用可能に
NTT East Free Wi-Fi Japan が利用可能に

NTT East Free Wi-Fi Japan は、NTT 東日本の店舗/施設向け Wi-Fi アクセスポイント サービス「光ステーション」を利用するもので、日本に短期滞在する外国人を対象としている。利用可能なアクセスポイントは、東日本エリアの17都道県に約4万6,000か所(2014年5月31日時点)あるそうだ。

NTT East Free Wi-Fi Japan のサービス対象エリア
NTT East Free Wi-Fi Japan のサービス対象エリア

JAL は、海外地区発の利用者向けポータルサイトで、日本行き JAL 便航空券を購入した顧客に対して NTT East Free Wi-Fi Japan の ID とパスワードを発行する。これまでは、訪日後にわざわざ観光案内所などまで行って「ID/PASSカード」を受け取る必要があった。今回の対応により、訪日前の時間的余裕がある状態で ID/パスワードをオンライン発行できるため、以前に比べ Wi-Fi サービスが使いやすくなるだろう。