カワサキ Ninja 400 の限定モデル「Ninja 400 ABS Limited Edition」が6月1日に、300台限定で販売開始される。


Ninja 400は、快適なツーリング性能とフルフェアリングスタイルが人気のミドルクラススポーツモデル。コンパクトな水冷 DOHC 4バルブ並列2気筒エンジンを搭載し、エントリーユーザーにも扱いやすい滑らかで心地よい加速感を提供する。

今回発売される「Ninja 400 ABS Limited Edition」では、アッパー/アンダー/シートカウル、タンクカバーに水転写によるカーボン柄を施し、アグレッシブ感を演出した。全体のトーンはグレー&カーボン柄でまとめつつ、ホイールなどにはアクセントとしてゴールドを採用。高級感を演出している。シートレザーには「Ninja」ロゴがプリントされた。


性能および諸元に変更はない。

■スタンダードモデルからの変更点
◆カラー&グラフィック、エンブレムの変更

 カーボン転写の意匠部品(アッパー/アンダー/シートカウル・タンクカバー)
 Kawasaki 立体エンブレム(サイドカウル)
 Ninja 立体エンブレム(タンクカバー)
 Limited Edition 専用マーク(タンク・サイドカウル)
 メタリックグレー塗装(ステップステー)
 ゴールド塗装(キャリパー、ホイール、ピボットキャップ)
 Ninja ロゴプリント(シート後部)
◆ABS(アンチロックブレーキシステム)の装備

メーカー希望小売価格は75万1,680円(消費税込)。