スポーツタイプのハイブリッドカー、ホンダ「CR-Z」がマイナーチェンジを受け、10月19日に販売開始される。外観デザインの刷新、ドライバビリティーの向上、そして装備の充実がなされた。


今回のマイナーチェンジでは、フロントとリアおよびサイドのデザインが変更された。また、インラインタイプのLEDヘッドライトや新デザインのアルミホイールを採用したことにより、流麗で存在感あるスタイルに仕上げてられている。




ドライバビリティ―の観点からは、リアトレッドの10ミリ拡大や、サスペンションのチューニング、ブレーキ性能の強化などにより、高速やワインディング走行時の安定性が高められた。


装備では、「電子制御パーキングブレーキ」や、エンジンサウンドを演出する「アクティブサウンドコントロール」、静粛性を高める「アクティブノイズコントロール」など、先進装備がより充実している。


■主な変更点
◆タイプを「α」と「α・Master label」の2タイプ構成に変更
◆外観の刷新
・フロントバンパー、フロントグリル、リアバンパー、サイドシルガーニッシュのデザイン変更
・従来のポジションランプに加え、ヘッドライトとターンランプにもLEDを採用
・新たにデザインしたアルミホイールの採用(16インチ、17インチ)
・外装色にプレミアムベルベットパープル・パール、2トーンカラースタイルにブリリアントスポーティブルー・メタリックとブラックルーフの組合せを新たに設定

◆走行性能の向上
・リアトレッドを10mm拡大するとともに、サスペンションのダンパー減衰力やバネレートの見直しにより、さらに安定感、安心感のあるハンドリングを実現
・ブレーキディスクサイズを15インチにするとともに、キャリパーピストン径、マスターパワーシリンダー径も拡大することで、ブレーキ性能を向上

◆先進、快適装備の充実
・電子制御パーキングブレーキを採用
・コンソールボックス内蔵のアームレストを追加
・「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」を採用
・静電式タッチパネルを採用した「Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器」をメーカーオプションで設定。加えて、360Wアンプと7スピーカーにより迫力と臨場感のあるサウンドを実現する「ハイパワーサウンドシステム」を同時に設定
・状況に応じて心地よいエンジン音をスピーカー出力するアクティブサウンドコントロールをメーカーオプションで設定。3つの走行モードを選択できる「3モードドライブシステム」のモードに応じてエンジン音を車内に出力することで、操る楽しさを演出
・車内のノイズに対して逆位相の音をスピーカーから出力してノイズを打ち消すアクティブノイズコントロールをメーカーオプションで設定

◆安心装備の充実
・30km/h以下での追突防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム」、「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」と「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」を設定(αにメーカーオプション設定、α・Master labelに標準装備)