日産自動車は中国でクロスオーバーSUV「QASHQAI(キャシュカイ)」の新モデルを発売した。「DUALIS(デュアリス)」の系譜を引き継ぐクルマは海外市場で健在のもようだ。

中国の合弁会社、東風日産乗用車が取り扱う。中国の都市部を中心とした車好きな若者向けだという。販売価格は13万9,800人民元(約262万円)とか。

プラットフォームにはルノー・日産アライアンスのコモン・モジュール・ファミリー(CMF)を採用し、パワートレインは、7速マニュアルモード付の新世代エクストロニックCVTと2.0L直噴エンジン、ターボチャージャー付1.2L直噴エンジンを設定している。

独立懸架サスペンションを組み込むほか、先進装備も備える。アクティブライドコントロール、アクティブトレースコントロール、アクティブエンジンブレーキ、ダブルモード車速感応式パワーステアリング、インテリジェントパーキングアシストなどだ。

安全機能として搭載しているのは自動ブレーキをはじめ踏み間違い衝突防止アシスト、アラウンドビューモニター、移動物検知、車線逸脱防止支援システム、後側方車両検知警報など。

デザインは欧州で行ったという。VモーショングリルやブーメランシェイプのLEDヘッドランプなど、日産が国際展開するクルマらしい特徴を備えている。また2,646mmのホイールベースを備え、ドライバー中心のコックピットまわりや同乗者席にゆとりある空間を持たせており、長時間走行時の疲れを軽減できるようなシートも採用している。