ポルシェは、水平対向4気筒エンジン搭載のミッドシップクーペ「718ケイマン」、「718ケイマンS」の予約受注を4月28日より開始する。

2017年モデル左ハンドル車の予約受注は、6月1日から30日の期間限定。911モデルと同じく、718モデルにおいても、初めてクーペの価格がロードスターより低くなる。


718ケイマンに搭載される4気筒水平対向ターボエンジンは、718ボクスターと共通で、クーペとロードスターの最高出力が初めて同じとなった。ベーシックモデルである718ケイマンには最高出力220kW(300ps)の2リッターエンジン、上位モデルの718ケイマンSには257kW(350ps)を発生する2.5リッターエンジンが搭載される。出力は、先代モデルに対してそれぞれ18kW(25ps)増加し、新欧州サイクル(NEDC)による燃費は、8.1リッター/100kmから5.7リッター/100kmへと改善された。

2リッターエンジンは先代モデル比で90Nmアップの380Nmを1,950rpmから4,500rpmの間で発生。市販のガソリンエンジン車では911ターボのみに採用されていたバリアブルタービンジオメトリー(VTG)を備えたターボチャージャー搭載の2.5リッターエンジンは、先代モデル比50Nmアップの420Nmを1,900rpmから4,500rpmのレンジで発生する。オプションのスポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様の718ケイマンによる0-100km/h加速タイムは4.7秒で、同仕様のケイマンSでは4.2秒。最高速度は718ケイマンが275km/h、718ケイマンSが285km/h。

ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)をオプションで選択すると車高は10mm低くなり、ケイマンSに初めて採用されるPASMスポーツサスペンションでは20mm低い設定となる。


スポーツクロノパッケージはステアリングホイールのプログラムスイッチを介して調節することができ、先代のノーマル、スポ-ツ、スポーツ・プラスに加え、「インディビジュアル」プログラムが追加された。

向上したパフォーマンスに合せて強化されたブレーキシステムは、フロントに330mmディスク、リアに299mmディスクを採用。718ケイマンにはケイマンS(タイプ981)のブレーキシステムが装着されており、718ケイマンSには、911カレラの4ピストン式キャリパーと6mm厚いフロントディスクが採用された。

エクステリアデザインでは、フロントとサイドの目立つエアインテーク、シャープな形状となったノーズ、パーキングライトとインジケーターライトを含むサイドエアインテーク上の細長いフロントライト、大型のクーリングエアインテーク、新デザインのバイキセノンヘッドライトなどが、ダイナミックな雰囲気を作り上げる。新たに4点式のLEDヘッドライトもオプションで装着可能となった。新しくなったリアは、“Porsche”ロゴを冠したハイグロスブラックのテールライト間のアクセントストリップによって、ワイドなアピアランスとなった。一新されたテールライトには、3Dテクノロジーと4灯のスポットライトによるLEDブレーキライトが装備された。


インテリアでは、エアベントを含むダッシュパネル上部が新しくなり、標準装備されるポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)とともに、918スパイダーから流用された新しいスポーツステアリングホイールと広範な接続オプションがコックピットに追加された。

オーディオインターフェース、150Wのサウンドパッケージ・プラスを標準装備。PCMの拡張オプションにはApple CarPlayなどのスマートフォン専用の拡張機能も含まれる。ボイスコントロール付ナビゲーションモジュールにより目的地の入力が容易になった。コネクト・プラスオプションを選択すると、ポルシェ専用SIMカードによるリアルタイム交通情報が追加され、ポルシェ・コネクトアプリを含むスマートフォンを介した追加サービスを利用することができる。

718ケイマンと718ケイマンSの導入は、ヨーロッパマーケットを皮切りに、2016年9月24日より順次始まる予定。