メルセデス・ベンツ Vクラス 「V 220 d Sports long」

メルセデス・ベンツは、Vクラスを一部改良し、ラインアップに「V 220 d Sports long」を追加、発売した。

V 220 d Sports longは、V 220 d AVANTGARDE longをベースに、AMGラインを採用。エクステリアには、AMGデザインエクステリア(フロントスポイラー、リアバンパー、リアルーフスポイラーリップ)、専用19インチAMG7ツインスポークアルミホイール、インテリアには、カーボン調インテリアトリム、ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)を採用した。

また、Vクラスとして初めてパノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機能付)を標準装備し、レーダーセーフティーパッケージも標準装備とした。

メルセデス・ベンツ Vクラス 「V 220 d Sports long」

今回のVクラスの一部改良では、全モデルで尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」タンクの大型化(11.5Lを25Lに変更)により、補充サイクルが伸び、約20,000kmまで継続走行が可能となった。

Vクラスのメーカー希望小売価格は550万円(消費税込)より。