SUBARU「インプレッサ」改良モデルが11月2日に販売開始される。

SUBARU「インプレッサ」改良モデルを発表-「オートビークルホールド機能」を追加
インプレッサ SPORT 2.0i-S EyeSight

今回の改良では、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持する、「オートビークルホールド機能」を追加。長い信号待ちや一般道での渋滞などでのドライバーの疲労を軽減する。

SUBARU「インプレッサ」改良モデルを発表-「オートビークルホールド機能」を追加
インプレッサ G4 2.0i-S EyeSight

また、SUBARU60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」は継続展開される。

SUBARU「インプレッサ」改良モデルを発表-「オートビークルホールド機能」を追加
インプレッサ SPORT/G4 1.6i-L EyeSight S-style

■主な改良内容

・オートビークルホールド追加

価格はインプレッサSPORT/G4「2.0i-S EyeSight」(2WD車)が239万7,600円で、SUBARU60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」(2WD車)は210万6,000円。