クロスオーバーSUV マツダ「CX-5」が商品改良を受けた。10月11日に予約受注が開始されており、11月22日に販売開始される。また、最上級グレードとなる特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」も同日に受注、販売が開始される。

マツダ「CX-5」を商品改良-2.5リッターガソリンターボ搭載車も

今回の商品改良では、4.0L V8 NAエンジン並みの力強いトルクとリニアな加速レスポンスを発揮する2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」搭載車を設定。市街地走行はもちろん、高速道路での合流や追い抜き、また、坂道やカーブが続く道路で気持ちのよい走りを体感できる。

マツダ「CX-5」を商品改良-2.5リッターガソリンターボ搭載車も
SKYACTIV-G 2.5T

「G-ベクタリング コントロール(GVC)」は、ハンドルを切った際の制御に加えハンドルを戻す際の制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」へと進化。高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での挙動を安定させ、安心感を高めた。

G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)
「G-ベクタリング コントロール プラス」動作概念図

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車には、新たに6速マニュアルトランスミッションを追加設定。このクラス唯一となるMT車により、SUVでありながらも、クルマを操る楽しさを提供する。

マツダ「CX-5」を商品改良-2.5リッターガソリンターボ搭載車も

■「マツダCX-5」主な改良点

◆パワートレインなど

・「SKYACTIV-G 2.5T」採用:最高出力169kW(230PS)、最大トルク420N・m(42.8kgf・m)
・「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」を全車に標準設定:高速域、緊急操作時でも、より安定した車両挙動を実現
・「SKYACTIV-D 2.2」機種に6速MT「SKYACTIV-MT」を設定

◆安全性能と利便性の向上

・「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」に夜間歩行者検知機能を追加
・360度ビュー・モニターを特別仕様車「Exclusive Mode」に標準設定、全機種にメーカーオプション設定
・「マツダ コネクト」がApple CarPlay、Android Auto に対応

◆デザイン、質感の向上

・17インチアルミホイールの塗装を、ダークシルバーからグレーメタリックに変更
・エアコンパネルデザインと各種スイッチ・ダイアルのデザインを一新
・ノーマルスピーカー車のAピラートリム表面素材を樹脂からファブリックに変更。また、ノーマルスピーカー車はAピラー根元にツイーターを追加し、スピーカー数を従来の4個から6個に増加

■Exclusive Mode

最上級グレードとして設定される特別仕様車「Exclusive Mode」では、高品質のナッパレザーや本杢パネルといった素材を採用。精緻な造り込みを行い、高品質な素材と匠の技術による「所有する歓び」を提供する。

マツダ「CX-5」に最上級グレードとなる特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」

・シート素材にナッパレザーを採用

マツダ「CX-5」に最上級グレードとなる特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」

・インテリア上部に黒、下部にディープレッドという専用カラーコーディネーションを設定

マツダ「CX-5」に最上級グレードとなる特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」

・本物の木を素材とする「本杢」の加飾パネルを採用

マツダ「CX-5」に最上級グレードとなる特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」

・鏡面側の縁取りをなくしたフレームレスインナーミラー
・19インチアルミホイールに、専用の高輝度ダーク塗装を特別採用

マツダ「CX-5」に最上級グレードとなる特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」

・前席シート両側に「シートベンチレーション」機能を搭載
・メーター中央に7インチTFTメーターを採用

マツダ「CX-5」に最上級グレードとなる特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」

・室内照明をすべて白色LEDで統一
・前席と後席にフットランプとイルミネーション機能を標準装備