チェコの自動車メーカーシュコダ・オートによるLaurin & KlementのタイプBSCが、製造から110周年を迎えた。シュコダではこれを記念し、同車を110年前の状態にレストア。チェコ ムラダー・ボレスラフにある「シュコダミュージアム」で展示を開始した。

シュコダのスポーツカーLaurin & Klement BSCモデル レストア
シュコダ・オートによるLaurin & KlementのタイプBSC
110年前の状態に完全レストア

今回展示されたLaurin & Klement BSCは、1908年7月に製造された12台のうち、唯一現存している1台。Laurin & Klementの標準モデルのエンジン出力が10馬力だったのに対し、スポーツモデルであるBSCでは12馬力にアップされていた。オープン2シーターで高出力という、スポーツカーとしての条件をすべて併せ持ったモデルといえるだろう。

シュコダのスポーツカーLaurin & Klement BSCモデル レストア
2馬力アップと表現すると大したことなさそうだが
出力20%アップと捉えれば、大幅な性能向上と言える

レストアは2016年から2年かけて実施された。レストア作業では、シャシー、エンジン、トランスミッションなどがオーバーホールされたという。1,399ccの2気筒エンジンは、現在もハンドクランクを数回回すだけで確実に始動するそうだ。

シュコダのスポーツカーLaurin & Klement BSCモデル レストア
オーバーホールされた1,399ccの2気筒エンジン

シュコダのスポーツカーLaurin & Klement BSCモデル レストア
このハンドクランクで始動する

ボディは当時と同じ素材で再現された。また一部には、電子機器部品が新たに装着されている。

シュコダのスポーツカーLaurin & Klement BSCモデル レストア
ボディは極力、当時の素材で再現された

このようにして再現されたLaurin & Klement BSCは、現在はシュコーダミュージアムの目玉として展示されている。

シュコダのスポーツカーLaurin & Klement BSCモデル レストア
乗りたくはないが、見てみたい!

ちなみに1908年当時の販売価格は5,500クローネからだったそう。現在の価格に換算すると日本円で855万円程度ではないかと推測される。

シュコダのスポーツカーLaurin & Klement BSCモデル レストア
当時は医師や実業家、経営者などが購入する乗り物だったそうです