SUBARUフォレスター/インプレッサのSTIコンセプトモデルが、東京オートサロン2019に参考出品される。

フォレスター STIコンセプトモデルはe-BOXERを搭載したAdvanceがベース。これをSTIがチューンし、走りに磨きをかけた。

SUBARUフォレスター/インプレッサのSTIコンセプトモデル
SUBARUフォレスターSTIコンセプトモデル
e-BOXER搭載車を、STIがチューン

外装では専用色「ファイターグレー」を採用し、アルミホイールを19インチ化。更にbrembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着している。

SUBARUフォレスターのSTIコンセプトモデル
外装には専用色「ファイターグレー」を採用

インプレッサSTIコンセプトモデルでは、「2.0i-S EyeSight」がベース。これに対し、専用の内外装パーツが装着された。

SUBARUインプレッサのSTIコンセプトモデル
「2.0i-S EyeSight」をベースに、専用の内外装パーツを装着した
インプレッサSTIコンセプトモデル

内装には、質感の高いボルドー内装が採用されている。

SUBARUインプレッサのSTIコンセプトモデル

SUBARUはまた、レヴォーグとWRX STIのカスタムパーツ装着モデルも参考出品する。

レヴォーグのカスタムパーツ装着モデルには、走行性能を高めるフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能の向上を図るエアロパーツ等、STIのパフォーマンスパーツが装着された。

WRX STIのカスタムパーツ装着モデルではTypeSをベースに、ゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイールやRECAROシート等の装備を採用。歴代のラリー参戦車を想起させる仕様としている。

「東京オートサロン2019」は、2019年1月11日から1月13日まで幕張メッセで開催される。