水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・399ccエンジンを搭載したクロスオーバーモデル、ホンダ「400X」の外観が一新された。各部の熟成も図られ、3月22日に販売開始される。

ホンダ「400X」、外観を一新 ― 19インチ大径フロントタイヤを採用
クロスオーバーモデル「400X」外観一新

「400X」の開発キーワードは、「冒険心を呼び起こす、正常進化 Cross Over」。これに合わせ、よりアドベンチャーイメージを強調した外観に一新された。

ホンダ「400X」、外観を一新 ― 19インチ大径フロントタイヤを採用
フラットダートでの走破性と、高速巡行時の快適性を向上

フロントタイヤサイズは17インチから19インチに大径化。フラットダートでの走破性を向上させている。また、ウインドスクリーンの高さを従来モデルより20ミリ延長し、高速巡行時の快適性を追求した。

ホンダ「400X」、外観を一新 ― 19インチ大径フロントタイヤを採用
ウインドスクリーンの高さを従来モデルより20ミリ延長

パワーユニットでは、低中回転域のトルクを向上させ、低速域の粘り強さと心地よい吹け上がり感を実現した。また、ショートマフラーを採用。ツインエンジン特有のエキサイティングなサウンドを楽しめる。

ホンダ「400X」、外観を一新 ― 19インチ大径フロントタイヤを採用
異型断面ショートマフラーを採用

アシストスリッパークラッチを採用することで、クラッチレバーの操作荷重を軽量化。ロングツーリングでの疲労感の軽減を図った。またシフトダウン時の過度なエンジンブレーキを抑制し、フラットダートでの安心感のあるシフトチェンジを可能としている。

電装では新設計のLCDメーターを搭載。視認性が向上したほか、ギアポジションインジケーターなどの機能が新採用されている。

ホンダ「400X」、外観を一新 ― 19インチ大径フロントタイヤを採用
新設計のLCDメーターを搭載

車体色は「マットバリスティックブラックメタリック」「グランプリレッド」の2色設定。メーカー希望小売価格は81万1,080円。