日産は2019年6月に発売予定の「GT-R」の2020年モデルを発表した。同時に「GT-R NISMO」の2020年モデルも発表している。

日産「GT-R」2020年モデルを発表
「GT-R」の2020年モデル発表
(画像は「Premium edition」)

「GT-R」2020年モデルでは、妥協することなく「速さの質」が追求された。加速やハンドリングにこれまでに培ってきたレーステクノロジーを惜しみなく投入することで、さらなる深化を遂げている。

日産「GT-R」2020年モデルを発表
妥協することなく「速さの質」が追求された
(画像は「Black edition」)

エンジンは1台1台手組みされる3.8リッターV6 24バルブツインターボ。2020年モデルでは「GT-R NISMO」に採用されてきたターボ高効率化技術「アブレダブルシール」が採用された。レース用ターボチャージャーに多く使用されているこの技術は、吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現する。

日産「GT-R」2020年モデルを発表
ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現

Rモード専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定した。コーナー進入時のブレーキングでは積極的に低いギア段を選択し、コーナー進入と同時に再加速時の駆動レスポンスを向上させて、より鋭いコーナー加速を実現する。

日産「GT-R」2020年モデルを発表
再加速時の駆動レスポンスを向上

ドライバーが安心して操れるクルマとするため、新たなサスペンションセッティングを実施。速さはもちろん鋭い応答性と乗り心地の質の高さを追求した。

日産「GT-R」2020年モデルを発表
乗り心地の質の高さを追求

ブレーキは従来よりも軽い踏力で制動力が立ち上がるよう、ブースター特性のチューニングにより初期の効き感を向上させた。短いストロークで効きが立ち上がるコントロール性の良いブレーキを実現している。

日産「GT-R」2020年モデルを発表
軽い踏力で制動力が立ち上がるブレーキ(画像は「Pure edition」)

ボディカラーには新色「ワンガンブルー(4RPM)」が設定された。また、職人が手作りで加工した青く輝くチタン製のエキゾーストフィニッシャを採用し、新デザインのホイールとあわせ2020年モデルのエクステリアを形成している。

日産「GT-R」2020年モデルを発表
チタン合金マフラー

価格は「Pure edition」が1,063万1,520円、「Black edition」が1,253万9,880円。「Premium edition」グレードが1,210万5,720円。

日産「GT-R」2020年モデルを発表
新色「ワンガンブルー(4RPM)」

「GT-R NISMO」2020年モデルには、2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型のターボチャージャーが採用された。NISMO用の新たなタービンブレードは、出力を落とすことなく、レスポンスを約20%向上している。これにより、アクセルを踏み込んだ際の立ち上がり加速性能を高めた。

GT-R NISMO2020年モデル
「GT-R NISMO」2020年モデル

車両重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を使用。車両を軽量化することでコーナリングの性能を向上させた。特にルーフにはカーボン素材の間に、より低比重の材質を挟み込むサンドウィッチ構造を採用。これらの外装部品により、約10.5kgの軽量化を達成している。

RECAROシートは新開発のもの。ドライバーの肩甲骨から脇腹、骨盤を安定して支える。カーボンシェルにコアフレーム構造を追加することで軽量化しつつも剛性を高めた。

「GT-R NISMO」2020年モデル
新開発RECAROシート

制動系には世界最大級のサイズを誇る新開発のカーボンセラミックブレーキを採用。高Gでの効きの良さと、低Gでのコントロール性を両立させた。

「GT-R NISMO」2020年モデルに
新開発カーボンセラミックブレーキ採用

「NISSAN GT-R NISMO」2020年モデルは、5月中旬から先行予約受付が開始される。