ポルシェ「カイエン」にプラグインハイブリッドモデル「カイエンEハイブリッド」

ポルシェ「カイエン」にプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「Eハイブリッド」が追加された。

ポルシェ「カイエン」にプラグインハイブリッドモデル「カイエンEハイブリッド」

「Eハイブリッド」のパワーユニットは、最高出力250kW(340PS)を発揮する3リッターV6エンジンと100W(136PS)を発揮するモーターの組み合わせにより、340kW(462PS)のシステム最高出力を発生する。最大トルクは700Nmで、ドライバーは1,000rpmという低回転域からこの豊かなトルクを享受可能だ。このパワーユニットによる0-100km/h加速は5.0秒をマーク。最高速度は253km/hに達する。

ポルシェ「カイエン」にプラグインハイブリッドモデル「カイエンEハイブリッド」

バッテリー容量は先代モデルの10.8kWhから約30%増加して14.1kWhに。モーターのみによる航続距離は最長44kmとなり、135km/hまで加速可能となった。

ポルシェ「カイエン」にプラグインハイブリッドモデル「カイエンEハイブリッド」

必要に応じてブーストトルクを利用できる。ドライビングモードで「スポーツ」または「スポーツプラス」モードを選択した場合、ブーストトルクにほぼすべてのバッテリーエネルギーを使用可能だ。他のモードを選択するとブーストのエネルギーを制限して効率的な走行をサポートする。

ポルシェ「カイエン」にプラグインハイブリッドモデル「カイエンEハイブリッド」

新開発のティプトロニックS(8速)が搭載された。この新しいオートマチックギアボックスは変速スピードも短縮され、変速時に失っていたトラクションも大幅に減少している。

ポルシェ「カイエン」にプラグインハイブリッドモデル「カイエンEハイブリッド」

電子制御マルチプレートクラッチによるアクティブ制御4WDを装備。広範なトルク配分によって、ドライビングダイナミクス、俊敏性、トラクションコントロール、およびオフロード性能に大きなメリットを提供する。また、ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)が標準で、ポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)がオプションで装備される。

ポルシェ「カイエン」にプラグインハイブリッドモデル「カイエンEハイブリッド」

「Eハイブリッド」発売と同時に、「カイエン」シリーズ全体の安全装備、快適装備がより充実したものとされる。日本仕様ではレーンチェンジ・アシストとアダプティブ・クルーズコントロール、パークアシスト、サラウンドビュー・カメラが標準装備に。また、新しいヘッドアップディスプレイ、マッサージシート、リモートコントロール付き独立ヒーター、22インチ軽合金製ホイールなどがオプション設定される。