SUBARU、プラグインハイブリッド「CROSSTREK HYBRID」搭載のテクノロジ―を「人とくるまのテクノロジー展 2019」で紹介

SUBARUは「人とくるまのテクノロジー展2019」で、「CROSSTREK HYBRID(クロストレック ハイブリッド)」に搭載されたSUBARUのテクノロジーを紹介する。

SUBARU、プラグインハイブリッド「CROSSTREK HYBRID」搭載のテクノロジ―を「人とくるまのテクノロジー展 2019」で紹介

「CROSSTREK HYBRID(クロストレック ハイブリッド)」とは、米国で販売されているSUBARU初のプラグインハイブリッドモデル。パワートレインには2.0L 4気筒水平対向直噴エンジンと、2つのモーターを組み込んだリニアトロニック(CVT)が採用された。

SUBARU、プラグインハイブリッド「CROSSTREK HYBRID」搭載のテクノロジ―を「人とくるまのテクノロジー展 2019」で紹介

バッテリーは荷室下に配置され、ガソリン車同様の低重心かつ左右対称な構成を実現している。車両のベースにはスバルグローバルプラットフォームを採用し、操縦安定性や乗り心地の確保に加えて、衝突時に高電圧バッテリーに衝撃が直接及ばない安全対策が施された。

SUBARU、プラグインハイブリッド「CROSSTREK HYBRID」搭載のテクノロジ―を「人とくるまのテクノロジー展 2019」で紹介

「人とくるまのテクノロジー展2019」のSUBARUブースでは、「クロストレック ハイブリッド」に搭載されているプラグインハイブリッドシステムが、パワーユニット+トランスミッションのカットモデルやパネル、動画などで紹介される。

バッテリーは荷室下に配置し、ガソリン車同様の低重心かつ左右対称な構成を実現している。

「人とくるまのテクノロジー展2019」では、最新技術搭載車の公道試乗も実施される。この試乗会にSUBARUは、e-BOXERを搭載した「SUBARU XV Advance」を用意している。

「人とくるまのテクノロジー展2019」は2019年5月22日から24日までパシフィコ横浜で、7月17日から7月19日までポートメッセなごやで開催される。