香港時間で今年も「マンゴータピオカ(楊枝甘露 )」が販売開始されました。毎日20杯限定の販売です。

マンゴータピオカ、今年も6月1日スタート―毎日20杯限定
マンゴータピオカ、はじめました

香港時間は、板橋区大山にあるカフェ。香港出身の人も「香港と同じ味!」と太鼓判を押す、本格的な味のメニューが提供されています。冬は黄金月餅や蜂蜜生姜、通年ではミルクティーやエッグタルト、そして夏は冷やし中華…ではなく、「マンゴータピオカ」が楽しめます。


マンゴータピオカ、今年も6月1日スタート―毎日20杯限定
通年で楽しめるミルクティーとエッグタルト
ミルクティーは練乳の味(つまり、香港の味)

「マンゴータピオカ」は、マンゴー、タピオカ、ポメロなどを材料として作られるヒンヤリデザート。香港ではコンビニなどでも販売されている夏の定番のスイーツです。

マンゴータピオカ、今年も6月1日スタート―毎日20杯限定
ルックスも夏っぽい

香港時間の「マンゴータピオカ」は、この材料の配分が見事。甘すぎず、すっぱすない絶妙な味に仕上げられています。また、今年はマンゴーチャンクが増量されているのだとか。

タピオカの食感は、タピオカミルクティーのそれとはまったく違うもの。高級中華料理のデザートにでてくる粒の小さな、あのタピオカです。

マンゴータピオカ、今年も6月1日スタート―毎日20杯限定
サイズ感、わかります?

香港時間ではこの季節、「マンゴータピオカ」以外にも「マンゴートウファ」などマンゴーを使ったメニューが提供されます。香港好きにも、マンゴーが好きにもうれしいお店です。

マンゴータピオカ、今年も6月1日スタート―毎日20杯限定
「マンゴートウファ」もマンゴーチャンクたっぷり

火曜日、水曜日、木曜日がお休みだったり、「マンゴータピオカ(楊枝甘露 )」が一日限定20杯だったりとトラップも多い香港時間。訪問前には公式Twitterで営業時間などを確認されることをおススメします。

マンゴータピオカ、今年も6月1日スタート―毎日20杯限定
香港時間
住所:東京都板橋区大山町36-6
口コミ ランキング:大山駅