スズキは6月4日、長距離ツーリング向け大型二輪車「V-Strom 1000 ABS」を発売する。


「V-Strom 1000 ABS」は、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングにおける様々な状況で走行を快適に楽しめるスポーツ・アドベンチャー・ツアラー。「ワイルド&スマート」をデザイン・コンセプトとしたスタイリングに、取り回し易く、足つき性の高い軽量・コンパクトな車体を組み合わせている。

スズキが発売する長距離ツーリング向け大型二輪車「V-Strom 1000 ABS」  (写真は海外仕様車)
スズキが発売する長距離ツーリング向け大型二輪車「V-Strom 1000 ABS」
(写真は海外仕様車)

フロントのスタイリングでは、スズキ初のアドベンチャーツアラー1988年型「DR-BIG(DR750S)」のイメージを継承。力強さの中にもエレガントさを秘めたルックスを実現した。

フロントのスタイリングでは、1988年型「DR-BIG(DR750S)」のイメージを継承した
フロントのスタイリングでは、1988年型「DR-BIG(DR750S)」のイメージを継承した

エンジンには、低中速域での力強さと扱い易さを高めた、1,036cc 水冷4サイクル90度 V ツイン DOHC 4バルブエンジンを搭載。V ツインエンジンならではの重厚なサウンドを楽しめる。


「V-Strom 1000 ABS」には、3段階のモード選択機能を備えたトラクション・コントロール・システムを搭載。エンジン出力をより効率よく後輪に伝達し、ライダーにより快適なライディングを提供する。

トラクション・コントロール・モードは、左ハンドルのスイッチで切り替えできる
トラクション・コントロール・モードは、左ハンドルのスイッチで切り替えできる

メーカー希望小売価格は、140万4,000円。ボディカラ―としては、「キャンディダーリングレッド」「グラススパークルブラック」「パールグレッシャーホワイト」の3色が用意されている。

キャンディダーリングレッド
キャンディダーリングレッド
グラススパークルブラック
グラススパークルブラック
パールグレッシャーホワイト
パールグレッシャーホワイト