アニメーション作品「機動戦士ガンダム」誕生35周年を記念し、その魅力を解き明かす展覧会「機動戦士ガンダム展」が、7月12日から8月31日に大阪文化館・天保山(大阪府大阪市)で開催される。これに合わせ、大阪市営地下鉄でスタンプラリー開催や、ガンダムの名場面つきコースターの配布などが行われる。

スタンプは人物キャラクターの顔がデザイン
スタンプは人物キャラクターの顔がデザイン

大阪市営地下鉄のスタンプラリーは、展覧会と同期日内に開催。スタンプを集めるとゴール賞のオリジナル缶バッジがもらえるほか、ゴールポイントで開催される機動戦士ガンダム展の当日券が200円引きで購入できる特典がつく。また、なんば駅の四つ橋線と千日前線の連絡通路の壁面には、原寸大(全長約18メートル)の横たわるガンダムやキャラクターたちが登場し、記念撮影が可能だ。

原寸大の人物キャラクターやモビルスーツの頭部と記念写真を撮ろう
原寸大の人物キャラクターやモビルスーツの頭部と記念写真を撮ろう

名場面や名セリフがデザインされたオリジナルコースターは、7月1日から京阪神間のビアガーデンなどで配布される。コースターの種類は全45種類。同コースターを大阪文化館・天保山のチケットカウンターで提示すると、当日券を100円引きで購入できる割引つき。また、コースターと同柄のデザインは、LINE スタンプ「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダムシャア専用スタンプ」としても配信されている。

コースターのデザイン全45種類
コースターのデザイン全45種類

展覧会は会期中無休。開館時間は10時から20時で、入館は19時まで。料金は一般/大学生2,000円、中学/高校生1,500円、4歳から小学生800円。前売券、または20名以上の団体価格は各料金から200円引き。

なお、東京では、2015年の7月18日から9月27日まで、森アーツセンターギャラリーにて展示内容などを一部変更して開催する。