フランス・パリで10月2日~19日に開催される2014年パリモーターショーに、トヨタの新型コンパクトクロスオーバー「C-HR」のコンセプトカーが出展される。

「C-HR」は、新世代コンパクトクロスオーバーのデザインスタディモデル。軽快さと力強さが大胆に融合したスタイリングを実現している。具体的には、ダイヤモンドをモチーフとし、コンパクトでスピード感あるキャビン形状と多面体のような精彩で彫りの深いボディ下部を組み合わせ、個性を際立たせている。


フロントはトヨタ独自の表情「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのデザインをより進化させた形状。

リヤは、ボディ下部から張り出したホイールフレアに対し、リヤに向けて勢いよく絞り込んだキャビンおよびショルダー部とのコントラストで、走行性能の高さを表現した。また、優れた空力性能を感じさせるリヤコンビネーションランプでスタンスの良さを強調するとともに、独自性を表現している。