「フィアット チンクエチェント」の MT 車「FIAT 500S(フィアット チンクエチェント エス)」の仕様を変更した新モデルが9月30日、フィアット クライスラー ジャパンから販売開始された。


今回の仕様変更では、フィアットブランドとして初めて「TFT メータークラスター」が採用された。ドライバー席前に設置されるメータークラスターに TFT 液晶パネルが収まり、スピードメーター、レブカウンターなど基本情報はもとより、燃料計、水温計、燃費計、さらにエコ運転を5段階で評価する「エコインジケーター」が表示される。


インテリアはブラックが基調となり、シートにブルー/レッドのラインが施された2タイプの設定。また、ボディーカラーは、従来からの「ボサノバホワイト」「パソドブレレッド」「グルーヴメタルグレー」「フットルースブルー」の4色のうち、「フットルースブルー」が FIAT 500S 専用色の「ブルーイタリー」に置き換わる。



車両価格は、仕様変更前と同額の225万7,200円。仕様などについて詳細は、フィアット クライスラー ジャパンの Web サイトを参照されたい。