ホンダは、250cc のロードスポーツモデル「VTR」と、ハーフカウルを装着した「VTR-F」をマイナーチェンジ。新たにタイプ設定された「VTR Type LD」とあわせ、7月18日に発売する。


「VTR」シリーズは、粘り強いトルク特性の V 型2気筒エンジンを、取り回し性に優れた車体に搭載することで、男女を問わず幅広い年齢層から高い支持を得ているロードスポーツモデル。

ホンダの軽二輪ロードスポーツモデル「VTR」シリーズ
ホンダの軽二輪ロードスポーツモデル「VTR」シリーズ

男女を問わず幅広い年齢層から支持を得ている
男女を問わず幅広い年齢層から支持を得ている

今回のマイナーチェンジでは、グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用。コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図った。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更。トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングの向上につなげている。また、リアサスペンションのセッティングを変更することで、乗り心地の向上を図った。

ハーフカウルを装着した「VTR-F」  今回のマイチェンでは、ラジアルタイヤが装備された
ハーフカウルを装着した「VTR-F」
今回のマイチェンでは、ラジアルタイヤが装備された

今回新たにタイプ設定された「VTR Type LD」は、VTR をベースに、前・後サスペンションに専用セッティングを実施。VTR に比べ15ミリ低い740ミリのシート高とし、良好な足着き性と軽快な操縦フィーリングを実現している。

「VTR Type LD」は、VTR がベース  シート高が15ミリ下げられた
「VTR Type LD」は、VTR がベース
シート高が15ミリ下げられた

メーカー希望小売価格は「VTR」が59万8,320円で、「VTR-F」が61万9,920円。新規追加された「VTR Type LD」が60万9,120円。