日本ミシュランタイヤは、「Paris-Brest Classic(パリ・ブレストクラッシック)」と「Paris-Brest Mini(パリ・ブレストミニ)」の販売開始を発表した。

ミシュランタイヤの自転車「パリ・ブレスト」シリーズ  (画像は昨年12月に発売された「パリ・ブレスト スポール」)
ミシュランタイヤの自転車「パリ・ブレスト」シリーズ
(画像は昨年12月に発売された「パリ・ブレスト スポール」)

「パリ・ブレスト クラッシック」と「パリ・ブレスト ミニ」は、ミシュランによる自転車「Velo MICHELIN(ベロ ミシュラン)」シリーズの第三弾。2013年12月に販売開始された「パリ・ブレスト スポール」から派生したモデルだ。オーダーメイド自転車の第一人者、松田志行氏設計のクロモリフレームが使用されている。

「パリ・ブレスト クラッシック」と「パリ・ブレスト ミニ」は  「パリ・ブレスト スポール」から派生したモデル   (画像は昨年12月に発売された「パリ・ブレスト スポール」)
「パリ・ブレスト クラッシック」と「パリ・ブレスト ミニ」は
「パリ・ブレスト スポール」から派生したモデル
 (画像は昨年12月に発売された「パリ・ブレスト スポール」)

「パリ・ブレスト クラッシック」は近場でも遠乗りでもマイペースで自転車を楽しむ「ちょっと昔の」サイクリングをイメージしたモデル。外装7段変速ギア、グリップシフトが搭載されている。オリジナルのアップハンドルやクラシックなタイプの「MICHELIN」ロゴがレトロな雰囲気を醸し出している。タイヤには、シティスポーツ用の高性能タイヤ「Michelin Dynamic Sport Black」が採用されている。

「ちょっと昔の」サイクリングをイメージしたモデル「パリ・ブレスト クラッシック」  タイヤは「Michelin Dynamic Sport Black」
「ちょっと昔の」サイクリングをイメージしたモデル「パリ・ブレスト クラッシック」
タイヤは「Michelin Dynamic Sport Black」

「パリ・ブレスト ミニ」は車輪の径が小さく小回りが利くモデル。内装3段変速ギアとベルトドライブを搭載している。フレームには脱着式フレームが採用され、左側のチェーンステーのみで強度を保つ設計となっている。タイヤには、「Michelin  Protek Urban 20インチ」が装着された。

20インチの小回りが利くモデル「パリ・ブレスト ミニ」  タイヤは「MICHELIN Protek Urban 20インチ」
20インチの小回りが利くモデル「パリ・ブレスト ミニ」
タイヤは「MICHELIN Protek Urban 20インチ」

「パリ・ブレスト クラッシック」の価格は6万7,000円で販売開始は2014年12月、「パリ・ブレスト ミニ」の価格は7万2,000円で販売開始は2015年4月を予定している。

その他のモデルとしては、「パリ・ブレスト スポール」に泥除けが取り付けられた「Paris-Brest Sport V2(パリ・ブレスト スポール V2)」が、11月1日から販売開始されている。価格は6万7,000円。

「パリ・ブレスト スポール V2」
「パリ・ブレスト スポール V2」