「Connor Wood Bicycles」は木目を愛する人向けの木製自転車メーカー。「工場」ではなく「工房」で自転車を製造します。


「Connor Wood Bicycles」が販売する自転車は、「Woody Cruiser」「Woody Scorcher」「Woody Mountain」「e-Woody」の4種類。木工職人であり、サイクリストでもある Chris Connor さんが、アッシュツリーとクルミ材を使ってこれら4モデルのフレームをハンドメイドしています。

Chris Connor さんの工房
Chris Connor さんの工房

「Woody Cruiser」は、シンプルな街乗り自転車。木目の美しさを引き立たせるため、ケーブルなどを完全に排しています。これを実現するため、ブレーキにはペダルを逆回転して車体を止める「コースターブレーキ」が採用されました。シングルスピードのため、変速機から延びるケーブルもありません。価格は3,500ドルです。

「Woody Cruiser」は、シンプルな街乗り自転車
「Woody Cruiser」は、シンプルな街乗り自転車

木目の美しさを引き立たせるため、ケーブルが排除されました
木目の美しさを引き立たせるため、ケーブルが排除されました

「Woody Scorcher」は、高速移動を求める人向けのクロスバイク。ディスクブレーキ、ベルトドライブ、内装8段ギアを装着しています。これらの装備のため、「Woody Cruiser」ほどシンプルではなくなってしまいましたが、その分、実用的。また、ケーブル類も可能な限り目に触れないように隠し、木目を強調しています。価格は4,750ドル。

「Woody Scorcher」は、高速移動を求める人向けのクロスバイク
「Woody Scorcher」は、高速移動を求める人向けのクロスバイク

ディスクブレーキ、ベルトドライブ、内装8段ギアを装備しています
ディスクブレーキ、ベルトドライブ、内装8段ギアを装備しています

ケーブル類は、可能な限り目に触れないよう隠されました
ケーブル類は、可能な限り目に触れないよう隠されました

「Woody Mountain」は、オフロード走行が可能なマウンテンバイク。サスペンション、外装11段変速機を搭載しています。木製自転車でのオフロード走行に不安を感じる人もいるかもしれませんが、フレームの耐久性はすでにオフロードレースで証明済みなのだとか。価格は7,500ドルです。

「Woody Mountain」は、オフロード走行が可能なマウンテンバイク
「Woody Mountain」は、オフロード走行が可能なマウンテンバイク

その耐久性はすでにオフロードレースで証明済み
その耐久性はすでにオフロードレースで証明済み

「Conneor Wood Bicycles」は、電動アシスト自転車「e-Woody」も販売しています。「e-Woody」のアシストシステムは、モーター駆動によるペダルアシストが必要なシーンと回生すべきシーンを自動で判断。一回の充電で最大で約80キロのアシストを提供します。リアホイール上に設置されたバッテリーは、リアキャリアとしても機能。重い荷物を乗せて長距離を移動する人向けの一台となっています。価格は6,000ドルから。

「e-Woody」は、回生システムを持つ電動アシスト自転車
「e-Woody」は、回生システムを持つ電動アシスト自転車

バッテリーは、リアキャリアとしても機能します
バッテリーは、リアキャリアとしても機能します

なお、自転車は注文を受けてから製作されるため、完成までには8週間程度かかるそうです。