野外で行われるロックフェスティバルやモーターレース。このようなイベントでは、近郊のホテルが一杯になってしまい、車中泊やテント生活を強いられることがあります。


英国の Snoozebox はこの問題の解決を目指す移動ホテル製造メーカー。キャンピングカーならぬ「キャンピングホテル」を製造し、英国や欧州のイベント会場の傍に臨時ホテルを設置するサービスを提供しています。

Snoozebox のキャンピングホテルは、トレーラーヘッドを取り付けた状態で設置場所まで移動します。設置場所到着からホテルの運用開始まではわずか48時間。各室の広さは約7.5平方メートル(約5畳)と狭いながらも、ベッド、テーブル、シャワー、トイレ、無料 Wi-Fiと、生活に必要なサービスすべてを提供します。壁に取り付けられた小さなベッドを開けば、1部屋に大人2人と子ども1人が宿泊可能。電気や上下水道も提供されます。また、アメニティの交換や清掃も行われます。





イベントでのテント生活は楽しいものの、深夜に他のテントの人の声が意外と大きく聞こえてびっくりすることもしばしば。近くで喧嘩が始まってしまったら、まず寝れません。また、雨が降りだした場合、テントの中が水浸しになることもあります。

そんなときでも、Snoozebox に宿泊していれば安心。隣の人の声もそれほどは聞こえないだろうし、雨が浸水してくることもなさそうです。




日本でも夏フェスなどの規模は毎年拡大し、それにともなってホテルの予約も年々取りにくくなっています。Snoozebox のようなサービスが増えてくれると、うれしいですね。